読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰がために雨は降る

日頃気になった、デジタルライフがちょっと快適になる情報について書き残していきたいと思います。

HDMIキャプチャボードを導入してWii Uの映像を取り込みイカしてみた

どうも、おにぎりはツナマヨ派です(唐突)。

なんでこんな文章から入るかというと、今月のスプラトゥーンでのフェスのお題がセブンのおにぎりだから。

Splatoon (スプラトゥーン)

Splatoon (スプラトゥーン)

 

このゲーム、昨年9月に購入してから今までかれこれ7ヶ月ほど遊んでます。こんなにやり込んだのはPSP時代のモンハン以来や... 8月までアップデートされることも決まりましたし、この波はしばらく続きそう。

このゲーム、一般ユーザが作成したstat.inkというサービスを使うことで自分の戦績を管理できるんですよね。具体的には、ゲーム画面を何らかの方法(キャプチャボード or Webカメラ)でPCに取り込んで、IkaLogというソフトでその画像を解析すればオーケー。周りにも何人かこれを利用している人がいて、面白そうだったので興味がありました。

で、先日それが目的でキャプチャボードを購入。

・購入したボード: SKNET MonsterX3A

SKNET MonsterX3A 1080 24p対応フルHDビデオキャプチャー SK-MVX3A

SKNET MonsterX3A 1080 24p対応フルHDビデオキャプチャー SK-MVX3A

 

 →PCI Express X1接続の内蔵型ボード。1080p 24fps or 1080i 60fpsまで対応しています。

 ・HDMIのスプリッタ: Green House GH-HSPA2-BK

グリーンハウス HDMIスプリッター USB給電タイプ 1入力×2出力 4K2K(2160p)/3D映像対応 GH-HSPA2-BK

グリーンハウス HDMIスプリッター USB給電タイプ 1入力×2出力 4K2K(2160p)/3D映像対応 GH-HSPA2-BK

 

 →入力した映像をテレビ画面とPCに同時出力できます。

ソフトの設定については以下のサイトを参考にしました。

qiita.com

標準のキャプチャソフトが若干使いづらかったため、ここではアマレコを使用しています。1つだけ注意が必要なのは、アマレコは新しいバージョンのものを使用すること。アマレコのHPを見ると新版と併せて旧版のver3.10もトップに掲載されています(本記事執筆時点)。後者の方が機能が多く便利そうだったので最初はそちらを使用していたのですが... 自分の環境ではアマレコから流した映像をIkaLogが処理してくれず、何のログも残せないという事態に陥ってしまいました。IkaLogを目視で確認した限り、どうも両バージョンの間で出力映像の位置に微妙なずれがあるらしく、それで上手く処理できてない様子でした。

 イカ感想。

PC画面でプレイしても遅延を感じることなく遊べる

遅延が気になるだろう...ということでスプリッタを購入したわけですが、PC画面でも普通に遊べました。アマレコのプレビュー機能が優秀で、画質も問題ありません。ただ、PCに負荷がかかると一瞬引っかかることもあるようなので、なるべく不要なソフトは起動せず遊ぶとよいかなと思います。

録画も特に問題なし

OSをSSD、データをHDDと分けて後者にデータを保存していますが、こちらも特に問題ありません。なお、一度録画先をSSDにした際はカクツキが酷いことになりました。もしこの辺で困っている方がいればこの辺りを見直してみるとよいかもしれません。

ログを見直すのが楽しい

stat.inkで自分が苦手なルールを知ったり、録画して立ち回りを見直したり... やってみると、あぁ、これがいけなかったのかと思うことが多いんですよね。これがなかなか楽しい。もはや楽しみ方がスポーツです。笑

e-Sportsの楽しさの片鱗を見ました。

まとめ

今回購入したボードはレビューを見ると相性問題などが起きやすそうな印象でしたが、自分の環境ではそんなことなく快適に使用できました。ゲーム以外にも使い道がありそうなので、色々試してみたいなと思います。

SKNET MonsterX3A 1080 24p対応フルHDビデオキャプチャー SK-MVX3A

SKNET MonsterX3A 1080 24p対応フルHDビデオキャプチャー SK-MVX3A