誰がために雨は降る

日頃気になった、デジタルライフがちょっと快適になる情報について書き残していきたいと思います。

【レンズ】初めての交換レンズ:シグマ 30mm F1.4 DC DN

私が使用しているカメラはOLYMPUS OM-D EM-10。昨年10月頃に、ヨドバシでアウトレット品として販売されていたダブルズームレンズキットを購入して以来半年ほど使用しています。基本的に屋外で遊んでいる際に撮影する機会が多く、今までは標準のレンズで事足りていました。

※標準レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

軽量ですし、専用の自動開閉式レンズキャップを装着することでコンデジ感覚で持ち歩けるため気に入っています。が、最近屋内で子猫を撮影する機会ができまして。それでいつも通り上記のセットで撮影してみたところ、写真がブレることブレること。聞いてはいましたが、やはり屋内のような暗めの環境は少々辛いようです。ダイナミックな写真を撮るのも難しいし、猫が寝てる間しか上手に撮れない... そんなわけで、初めての交換レンズを検討することに。

初めての交換レンズで上記のような撮影を手軽に行なうとなると、25-30mm程度の単焦点レンズがちょうどいいだろうなと思ってました。その時点で気になっていたのは、

・OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 ・Panasonic LUMIX G 25mm F1.7 H-H025-K 

 の2機種。いずれもミラーレス初心者のステップアップとしてよく挙げられ、定評のある機種ですね。あとはそれぞれの40mm台のものも候補としつつ、使用感を試すためヨドバシへ。で、店員さんに相談しつつあれこれトライすること1時間。お店を出た私の手にあったのがタイトルにあるシグマ 30mm F1.4 DC DN。

 そもそも候補にすらなかったこの機種をどうして選んだのかというと、最大の理由はM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8から数千円の差でF値が1.4になるから。その分屋内の撮影にも強く、かつボケ味も増すことから自分の用途には特によいだろうと。店内で試した限りAFの速度などは上記2機種と体感的な差がありませんでしたが、F1.4で撮影するとやはり一味違うボケ方をしていました。当初の予算から少し外れてしまい、新しいモデルであることからやや躊躇してましたが、

・レンズは寿命が長いこと、

・比較的値崩れしにくいこと

が後押しとなり最終的に本機を購入。

以下写真例。アラもあるかと思いますがご容赦。

f:id:mitsu0122:20160520141409j:plain

↑夜の神社にて手持ちで撮影。周辺は暗く、標準レンズでの撮影は困難です。初めて交換レンズを購入した私にとって、この写真はかなりの感動でした。

f:id:mitsu0122:20160520141413j:plain

↑屋内にて。

f:id:mitsu0122:20160520141510j:plain

f:id:mitsu0122:20160520141517j:plain

↑肝心のねこ@屋内。ぴょんぴょん遊んでいる様子も比較的簡単に撮影できます。

肝心の使用感はというと、やはり屋内の暗所でも比較的ブレにくいです。シャッター速度を上げた上で画面タッチでの撮影をオンにし、"今だ"と思ったところで画面上に写った猫をタッチする。これだけでバシバシ安定した写真が撮影できるため、コンデジ感覚で思ったような写真が撮れます。ただ、標準レンズや当初の候補であった2機種より重量感があるため、持ち運びには少し気合を入れる必要があります(笑)

標準レンズとの差は、感覚的には

今まで:「とりあえずカメラ持っていくかぁ(バッグにシュッ)」

これから:「よし、今日はカメラ持ち出して撮影するか(バッグにドサッ)」

ぐらい。今まで使用していたケースにも収まらなくなってしまったため、そのうち買い替えるかも。あぁ、こうして沼に嵌っていくんだろうな...笑

今後、いい写真が撮れたら紹介していきたいと思います。